ダイエット

痩せられるけど、体に悪いダイエット。

その昔。格闘技をやっていた私は定期的にやってくる試合に向けて必ず年に数回は減量しないといけませんでした。この減量、かなりキツイんです。

 

試合に向けたトレーニングメニューはまさに夢に出てくるくらい、精神的ダメージを伴い、さらに普段はサラリーマンをしている私にとって、仕事は休めないし朝早くからランニング。軽食に満たない朝食→仕事→必要最低限の昼食→仕事→トレーニング→茶わん一杯分量程の夕食。試合までこれの繰り返しです。

 

しかし、やっぱりどうしても空腹に耐えきれず、週に一回は暴食してしまいます。その後にとる行動は決まって指を喉に入れて吐き出してしまう行為。さらに試合1週間前に体重が落ちない場合にもやはり喉に指を入れて胃液まで吐き出したりしました。たしかにかなりハイスピードでダイエットは出来ますが、かなりキツイ減量で身も心もズタボロになります。

 

私の場合、そもそも太りやすい体質で試合のない時期はかなり太るせいか、この減量は普通でもキツイのにさらにキツイ減量を強いられていました。試合が終わった後は普通に食事をするのですが、それまでの無理もたたっているせいか、食べたくて仕方なかったお肉や揚げ物を食べると決まって気持ち悪くなり、吐き出してしまう事もありました。

 

ボクシングやキックボクシングに見られる試合前の減量方法はたしかに普通の人にとってもダイエット効果は絶大ですが、やはり無理なダイエットは身体にも精神にもかなり悪いと思いました。

 

page top